基礎知識

Apple ID残高の現金化はできない!使い道やiTunesカード(Apple Gift Card)現金化方法(即日可)等解説

Apple ID残高はアカウント移行不可・買取対応業者なしのため、残高の状態で直接現金化することはできません

即日現金化できるのは未登録のiTunesカード・Apple Gift Cardに限られ、インターネット売却・店舗来店で現金化業者の買取サービスを利用します。

Apple ID残高は現金化を考えるより、Apple Musicなどのサブスクリプション・App Storeでの課金・iCloud・iCloud+のサービス料金に有効活用した方がお得です。

Apple ID残高を現金として銀行口座から引き出す機能はなく、誤ってApple IDにチャージしても払い戻すことはできないので注意が必要です。

Apple ID残高はオンラインストア限定でApple Storeの決済に使えるため、無理に現金化することにメリットはないと考えられます。

この記事でわかること
  • Apple IDの残高だけの現金化は現時点では不可能
  • Apple IDチャージ前のiTunesカードを買取業者で現金化する
  • Apple IDの残高はオンラインApple Storeで使う
  • Apple ID残高はApp Storeで課金する
  • Apple IDの残高はアカウント移行できない
お金を借りたい人向け【最新版】
<審査通過に成功するコツ>虚偽(ウソ)は書かない ②免許証等の提出書類の添付忘れ ③限度額設定は必要な分だけ ※ブラックは申込・借入不可 ※18歳・19歳以下の方:収入証明書の提出が必須です。※高校生は申込不可(高専生・定時制含む)
―――――― プロミス ※最短即日借りられる
↓原則在籍確認の電話なし↓
\初めてなら30日間無利息/

SMBCグループの安心感『プロミス』
簡単申込のプロミス!借りるまで最短当日

↓女性専用窓口『レディース プロミス』↓

―――――――
アコム ※最短当日借りられる
35日毎の返済可:返済額1,000円~ \21時迄の審査申込で最短即日借りられる/

【目次】このページ先読み

Apple IDの残高の現金化はできない

Apple IDは残高の状態で現金化できないため、必ずiTunesカード・Apple Gift Cardの状態で現金化しなければいけません。
一度チャージしたApple ID残高を取り消し、iTunesカードにポイントを復元することもできません

Apple ID残高の使い道が見つからず、現金化を検討する人もいるかもしれませんが、必ずしも現金化が最善策ではありません。
Apple ID残高は有効期限が設定されていないため、焦らずに保有して必要なタイミングでApple ID残高として有効活用する方が良いケースもあります。

2020年以降Appleサービスが大きく変わり、限定的ではありますがApple ID残高を使ってオンラインストアのApple Storeで、Apple製品やアクセサリーを購入できるようになりました。

今後もApple ID残高に関連するサービスがより柔軟になり、利便性が高まる可能性もあるため、無理にiTunesカード・Apple Gift Cardの現金化を急ぐ必要はありません

買取業者はApple ID残高は買い取ってもらえない

Apple IDに入金された情報は個人のアカウントでのみ有効となり、Apple ID残高だけを現金化することはできません

Apple ID自体を取引することができないため、Apple IDで所有する残高を現金化できるサービスは存在しません。

またApple IDにチャージした残高を再びプリペイドカードに戻す方法はありません
そのため一度自分のアカウントに金額をチャージしてしまうと、原則としてAppleコンテンツを利用してApple ID残高を消費しなければいけません。

iPhoneなどApple製品は広く普及しているので、Apple ID残高を買い取ってくれる業者がありそうなものですが、システム面がネックとなり買取できないのが現状です

Apple ID残高に有効期限はないので自分で使った方がお得

Apple ID残高は有効期限がないポイントですので、ポイント失効を気にする必要はありません。

もしApple ID残高に有効期限が設定されているなら、有効期限までに無理をしてでも残高を使い切る方が賢明です。
しかしApple ID残高は永久ポイントとして運用されているため、必要なタイミングで必要なコンテンツにApple ID残高を使うことができます。

もちろん使ってないApple IDを現金として払い戻すことができればベストですが、放置して利用したい時にApple ID残高を使い切ればApple ID残高は無駄になりません

iTunesカード(Apple Gift Card)なら未登録の場合のみ現金化の方法がある【即日現金化可】

Apple IDにチャージする前なら、iTunesカード・Apple Gift Cardを安全に即日現金化することができます

インターネットでiTunesカード関連を取り扱う買取サイトを探し、売却することで現金を銀行口座に入金してもらう方法です。
高価買取を謳う買取業者を複数選び、一番高く買取できる買取業者の換金サービスを利用してください。

買取業者に自分で足を運び、直接店員とやり取りして、iTunesカード・Apple Gift Cardを現金化する方法もあります。
慣れない業者をインターネットで利用することに抵抗を感じる場合、自分の目で確認してから換金することもひとつのリスクマネジメントになります。

iTunesカードなどApple関連のギフト券は、メルカリなのどフリマアプリでの個人売買が利用規約で禁止されているため、現金化を依頼する業者選びが何よりも重要な要素になるのです、
個人売買はiTunesカード・Apple Gift Cardの出品を許可しているヤフオクで安全におこなうようにしてください。

iTunesカード(Apple Gift Card)買取サイトで買い取ってもらう

未登録状態のiTunesカード・Apple Gift Cardに限り、オンライン買取に対応する業者に売却して現金化することができます

既に個人アカウントに登録してしまったiTunesカードは買取不可ですが、登録前であれば所有するiTunesカードを買取サービスで換金可能です
インターネットでiTunesカードを取り扱う業者を探し、買取フォームからオンライン買取に申し込んでください。

多くの現金化業者がApple Gift Cardの買取率を90%以上に設定しているため、今後も使う予定のないApple Gift Cardがあれば、思い切ってインターネットから買取サービスを利用するのも良いでしょう。

iTunesカード(Apple Gift Card)を買い取ってくれるリアル店舗に売る

インターネットからの売却が不安な方は、実際にリアル店舗に来店してiTunesカードを売却してください

馴染みのない現金化業者を利用するのは抵抗を感じる人もいます
個人情報をWebに入力することは個人情報漏洩のリスクもあるため、より安全にiTunesカードを現金化するときはリアル店舗を利用して現金化します。

自分の生活圏内にある買取ショップに来店し、店員に相談して買取価格に納得した状態でiTunesカードを現金化してください

インターネットで個人売買する

個人のApple IDに登録前のiTunesカード・Apple Gift Cardは、ヤフオクを利用して個人売買することができます

Apple ID残高として使う予定のないApple Gift Cardなどのギフトカードは、個人の取引で現金化することも可能です。
現時点でヤフオクのガイドラインでは、Apple Gift Cardを出品することは禁止されていません

インターネットでリサーチした現金化業者の買取率に不満を感じる場合、ヤフオクで個人売買した方が収益を多く見込めます。
iTunesカード・Apple Gift Cardの個人売買は必ずヤフオクでおこなうことを徹底してください。

メルカリなどフリマアプリはApple Gift Cardの出品を禁止しています。
もし出品してしまうと取引停止・強制解約などの問題が起きるため、現在安全に個人売買できるプラットフォームはヤフオクだけです。

Apple IDとはAppleサービスを使用するためのID

Apple IDとはAppleが個人を特定するためのアカウントのことで、固有のIDを発行してAppleサービスを利用します。
Apple IDを取得後はAppleサービスの支払いに専用のポイントが必要になり、一般的にiTunesカード・Apple Gift Cardを使ってチャージします。

クレジットカードを作成している方は、Apple IDに紐つけて支払いに利用することができます。
またキャリア決済と呼ばれるスマートフォン料金との合算払いにも対応しているので、ライフスタイルに合わせて支払い方法を選択できます。

Apple IDがなければApp Store・iCloudにログインすることができません
またApple製品を紛失した時に検索する「デバイスを探す」も、Apple IDがなければ利用できないため、Apple製品を利用する方にとってApple IDは必要不可欠の個人情報になります。

Apple ID残高とはお金をチャージ・入金した状態のこと

Apple ID残高はiTunesカード・Apple Gift Cardはもちろんですが、クレジットカード・キャリア決済からもチャージできます
「Apple IDに残高がある=入金されている」という状態ですが、Apple ID残高は他社金融機関のキャッシュレス決済のような利便性はありません。

Apple ID残高は違うアカウントへ移行することはできません
そのため基本的にチャージ後はひとつのアカウントでApple ID残高を使い切らなければならず、操作ミスでの払い戻しも許されません。

Apple ID残高はリアル店舗のAppleStoreに対応していないため、ショッピングの選択肢が大きく制限されます。
Apple製品を実店舗で購入する方は多いですが、Apple ID残高をリアル店舗のApple Storeで決済利用できないので注意が必要です。

2020年にApple Gift Cardが導入されたことで、現在はオンラインストアのみでApple ID残高をショッピングに使えます
iPad・iPhoneなど高額商品の決済時に、「Appleアカウントの残高で支払う」を選択すれば、Apple ID残高でApple製品を購入可能です。

Apple ID残高とApple Payは異なる決済サービスのため、連携して利用することはできません。
混同してしまうと決済トラブルが起こるため、Apple Payにクレジットカードを紐つけてショッピングに利用してください。

Apple ID残高へのチャージ方法

Apple IDの残高を増やす時はクレジットカード・キャリア決済という方法も選択できます。

社会人でクレジットカードを所有している方は、Apple IDのアカウントにクレジットカードを紐つけてチャージするのが便利です。
一度Apple IDとクレジットカードを登録すると、アカウント情報からいつでもApple IDをチャージできます。

未成年でクレジットカードを発行できない方は、スマートフォンの利用料金と合算できるキャリア決済でチャージすることをおすすめします。

どちらの方法もApple Gift Cardを必要とせずApple IDへスマートにチャージできます

Apple ID残高のアカウント間の移行はできない

Apple ID残高は固有のアカウントに紐付けられるため、異なるアカウントへ移行して利用することはできません

家族や友人同士でApple ID残高を移行させ、使っていないApple ID残高を有効活用したいと考える人は少なくありません。
しかし現状ではApple ID残高を別のアカウントへ移行するサービスがないため、自分でApple ID残高を使い切ることになります

Apple アカウントの残高を使ってギフトやギフトカードを贈ることはできません。
ファミリー共有をご利用の場合、Apple アカウントの残高をほかの家族が使うことはできません。Apple アカウントに入金した金額は本人だけが利用できます。

(引用:Apple Gift Card や Apple アカウントの残高で購入できるもの)

グループメンバー間でポイントを共有できるサービスもありますが、Apple IDに関しては一度チャージした残高はそのアカウントでしか使えないことに不満を感じる人も少なくありません。

Apple ID残高でAppleStoreでの買い物はできない

Apple ID残高はリアル店舗のAppleStoreの支払いに対応していないため、Apple製品の購入資金に充当させることはできません。

店舗で運営されるAppleStoreはApple Pay・クレジットカード・代金引換など多岐に渡る決済ができますが、チャージ済みのApple ID残高は利用できません

Apple製品は高額商品が多く返済負担を軽減するため、使っていないApple ID残高を使いたくなるかもしれません。
しかし店舗来店してApple製品を購入する時は、Apple ID残高として保有するポイントを現金の代わりに使うサービスはないのです。

Apple ID残高はデジタルコンテンツの購入がメインとなり、一度アカウントに登録してしまうと利用用途が大きく制限されます。

現在は日本でもオンラインストアでApple製品を購入できる

AppleStoreのサービスは国によって異なり、Apple ID残高をAppleStoreで使えないという特徴があります

過去にはAppleStoreでApple ID残高を決済に利用できるのは、アメリカ合衆国に限定されていました。
そのため日本国内でApple ID残高を利用して、iPad・iPhoneなどのApple製品の購入することはできず、Apple ID残高はあくまで「課金専用のポイント」という制限を受けました

しかし2020年にApple Gift Cardが登場したことで、現在はApple ID残高をオンラインのAppleStore決済に利用できるようになりました。
日本でApple ID残高を使えるようになる未来を期待して、Apple ID残高をずっと保有していた方は、この機会にオンラインを利用してApple製品を購入すると良いかもしれません。

Apple ID残高はApple Payの支払いでも使えない

Apple PayとはAppleが提供するキャッシュレス決済サービスで様々な支払いに対応しますが、iTunesカードやApple ID残高を紐つけて使うことはできません。

Apple IDとApple Payは名前が似ているため、同じアカウントであれば相互で残高を共有できそうなものです。
しかし実際は明確に区別されており、Apple ID残高をApple Payで使えないので注意が必要です

Apple Payはクレジットカード・デビットカード・プリペイドカードの3種類に対応しています。

このプリペイドカードにはQUICPay・iD・nanaco・WAON などが該当しますが、iTunesカードは対応していません
Apple ID残高を利用したApple Payの支払いができないため、Apple ID残高とApple Payは全く違う決済サービスといえます。

Apple ID残高の使い道は何?

Apple IDの残高を有効活用する選択肢は主に5つあります。

ひとつめはAppleのサブスクリプションサービスのひとつであるApple Musicを契約して、毎月の支払いにApple ID残高を使う方法です。
Apple Musicは月額1,080円の利用料金が必要ですので、使い道のないApple ID残高で好きな音楽ライフを満喫できます。

ふたつめはiTunes Storeのデジタルコンテンツ料金にApple ID残高を使う方法です。
オンライン上でApple ID残高を使い映画・音楽を購入すれば、オフラインでいつでも充実した時間を過ごすことができます。

三つめはApp Storeからゲーム・本などの課金にApple ID残高を使う方法です。
毎日更新されるゲームの課金や、ビジネス本・ヘルスケアアプリの購入料金にApple ID残高を使います。

四つめはiCloud・iCloud+にApple ID残高を使い、クラウドサービスを充実させる方法です。
クラウドストレージの増加・セキュリティ向上の目的でApple ID残高を使えば、より利便性が高く安全なAppleライフを送ることができます。

FaceTimeはデータ通信を使った無料通話サービスなので、Apple ID残高を使うことはありません。

Apple Musicで音楽を買って聞く

Apple ID残高の使い道に迷っている方は、Apple Musicと契約して音楽をデジタルコンテンツで楽しみましょう

Apple Musicは1億以上の楽曲をどこでも聴ける音楽配信サービスであり、月額1,080円を課金することで契約できます

インターネット環境からストリーミングできますが、スマートフォンに楽曲をダウンロードすればオフラインでも利用可能です。
そのためダウンロード後はデータ通信料を気にせずに音楽を聞くことができ、AirPodsがあれば簡単に空間オーディオで高音質な音楽体験を満喫できます

iTunes Store で映画や曲の購入

iTunes Storeは映画・音楽など様々なデジタルコンテンツをApple ID残高で購入できます。

iTunes Storeで提供されている映画・音楽の購入にApple ID残高を利用する人は多くいます。

iTunes Storeで配信されているデジタルコンテンツは、Apple Musicなどのサブスクリプションではなく、購入したコンテンツをApple IDのアカウントに紐つけます
サブスクリプションは毎月利用金を支払いますが、買い切りコンテンツは一度購入すると追加料金不要で映画・音楽を楽しむことができます

iTunes Storeで購入したコンテンツは、同じアカウントのiPad・Mac Bookで視聴できるので、大きな画面でiTunes Storeのサービスを利用するときもApple ID残高が役立ちます。

App Store からゲームや本等のアプリケーションのダウンロード

App Storeにはゲーム・本・学習アプリなど様々なアプリが販売されているので、Apple ID残高を使って興味のあるアプリをダウンロードできます。

Apple製品を使っている人にお馴染みのApp Storeには豊富なアプリケーションがあり、毎日多くのコンテンツが新規追加・拡充されています。
App Storeから有料コンテンツを利用するためには、買い切り・アプリ内課金でお金を支払わなければいけません

Apple ID残高の使い道に迷っている時は、App Storeにログインして色々なアプリケーションに使うことをおすすめします

自分に興味のあるアプリやビジネスに有益なアプリケーションが見つかれば、Apple ID残高を使ってアプリケーションをダウンロードしてみましょう。
ライフスタイルを向上させるアプリにApple ID残高を有効活用すれば、より充実した時間を過ごすことができます。

iCloud やiCloud+の利用

iCloudはApple製品を使う方の動画・画像の保存先として、無くてはならない大事なクラウドサービスです。

iCloudは無料プランで5 GBのクラウドストレージが使えますが、写真・動画を増えると容量が不足してしまいます。
iPhone本体に保存するというテクニックもありますが、基本的に5 GBをオーバーすれば課金してiCloudの容量を増やします。

iCloudは50GBプラン130円・200GBプラン400円・2TBプラン1,300円の利用金プランが選択できます。
毎月写真・動画撮影をしたり、デジタルコンテンツを保存して楽しむという方は、Apple ID残高をiCloudの利用料金に有効活用できます

またiCloud+は130円?1,300円の利用料金で、カスタムメールドメイン・iCloudプライベートリレーなど、セキュリティを強化したクラウドサービスを使えます。

毎月安全にApple製品を使いたい人は、iCloud+でApple ID残高を使うこともひとつの方法です。

Apple製品の購入

現在はApple Gift CardによりApple ID残高の選択肢が増え、Apple製品の購入に使える環境が整備されています。

チャージ前のApple Gift Cardはリアル店舗で決済に使えますが、Apple IDにチャージした場合はオンラインのAppleStoreを利用します

Apple Gift Card を使って、Apple Store から製品やアクセサリを購入できます。
Apple Gift Card を利用できる国や地域では、Apple アカウントの残高を使って、apple.com や Apple Store App で製品やアクセサリを購入できます。
これらの国や地域では、Apple Gift Card や App Store & iTunes ギフトカードを引き換えた場合、その残額が Apple アカウントの残高に組み込まれます。

(引用:Apple Gift Card や Apple アカウントの残高で購入できるもの)

過去にはデジタルコンテンツしか利用用途がなかったApple ID残高ですが、iPad・iPhoneなどオンラインストアで購入するときは、積極的にApple ID残高を使った方が断然お得です。

Apple ID残高現金化でよくある質問

Apple IDの残高の現金化ができない場合の使い道は何がありますか?

Apple IDの残高はオンラインのAppleStore限定で、Apple製品を購入することができます。
App Storeで有料アプリを購入したり、Apple Musicなどのサブスクリプションサービスの料金に使うことも有効です。
安全にクラウドサービスを使う・セキュリティ対策を実践するため、iCloud・iCloud+費用として利用するのもひとつの方法です。

Apple Storeの残高払い戻しはできますか?

原則としてApple IDに紐つけたApple Gift Card・iTunesカードの残高は、現金やギフトカードとして払い戻すことはできません
間違ってApple IDにチャージしてしまうとトラブルになります
Apple Storeのデジタルコンテンツに課金した場合、アカウント情報から「返金をリクエストする」を選択すれば、Apple Storeで支払った料金を払い戻すことが可能です。

コンビニでの買い物にApple ID残高は使えますか?

Apple ID残高はコンビニで利用することはできません
Apple IDは電子マネーとは違い、あくまでApple専用コンテンツで使うポイントです。
もしコンビニで利用する場合は、Apple ID残高ではなくApple Payを選択してください
Apple Payはクレジットカード・電子マネーを紐つけたキャッシュレス決済となり、コンビ二や対応店舗で現金の代わりに決済に使えます。

Apple ID残高はAmazonで使える?

Apple ID残高はAmazonで使うことはできません
iTunesカード・Apple Gift Cardをアカウントに紐つけてしまうと、Amazonで利用できなくなるので注意が必要です。
どうしてもAmazonで利用したい時は、iTunesカード・Apple Gift Cardを買取業者に売却して現金に換金します。
必ず買取業者のサービスを利用しなければいけないので、Apple ID残高をAmazonで使うメリットは少ないといえます

Apple IDの残高を0円にするにはどうすればいいですか?

Apple IDに残存する少額を0円にするには、クレジットカードの登録が推奨されています
登録後にAppleサービスのコンテンツを利用すれば、先にApple IDの残高がすべて消費され、クレジットカードが残りの残債を負担します
この方法を使えば新たにApple IDをチャージすることなく、Apple Storeで少額残高を0円にすることができます。

―――――――

一時的に無利息で借りれる
【最新版】
【直近3ヵ月の申込数順】※当社調べ
<審査通過の簡単なコツ>①情報の入力ミスに注意(嘘はNG) ②書類添付ミスに注意 限度額は必要な分だけ
1位 プロミス
(評価5.0)

大手SMBCグループ

審査⇒借入まで最短3分即日借りられる!(申込み時間や審査により希望に添えない場合あり)●瞬フリ(振込キャッシング)で24時間365日最短10秒で振込
✅最短3分審査&即日融資OK◎
原則会社への電話なし!
初回30日間利息なし!
土日祝も当日借り入れ可能
郵送物なし・WEB完結でバレない

↓🔰申込も簡単で早い

プロミスのチェックポイント

アルバイト・パート・派遣社員・会社員・自営業者も申込可
20歳~50代に人気NO1
✅長期バイトをしている学生も可
✅申込~融資/最短20分※土日祝も当日
  (申込み時間や審査により希望に添えない場合あり)
低金利で・急ぎで必要な人
✅初回30日間無利息で一時的な借入も可
女性専用窓口あり
✅50万円以下なら免許証だけでOK
誰にもバレない体制が整っています。
✅原則在籍確認の電話なし
✅Web明細でカードレス・郵送物なし
✅毎回借りる時は口座に即日振込も可
✅コンビニATMでも借りられる
✅最低返済額は1,000円~
審査が不安な人は1秒診断後に申込!

\申込も簡単「プロミス」借りるまで最短当日/

↓女性専用窓口 レディースプロミスはこちら↓

2位 アコム
(評価4.5)
三菱UFJフィナンシャル・グループで安心。初めての方は最大30日間無利息期間がありますので、一時的な立て替えにも便利です。土日祝でも最短20分で即日借りられます。※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

返済は35日ごと:返済額1,000円~可

\他社からの借り換え可/
郵送物なし可・バレずに最短20分融資

3位 アイフル
(評価4.0)

インターネットからの申し込みで電話も郵送物もなしで、WEB完結も可能です。今すぐお金借りたい時に最短20分で借りられる!(平日~土日祝でも当日可能) ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

WEB完結申込で原則電話・郵送物なし!
\審査通過率NO1/

4位 SMBCモビット
(評価3.5)

\申込から融資まで最短25分で在籍確認は原則連絡なし/
審査が不安な方は簡易診断から【最大60日間無利息】
この記事の監修者 山口奏太
自己紹介 金融WEBメディア運営・管理経験を活かし「現金化のすべて」の編集・監修を担当。FP技能士3級。現在貸金業務取扱主任者・クレジット債権管理士の資格取得にも前向きに取り組んでおり、借り入れに関する疑問や不安に応えるため、常に正確で専門的な情報提供に努めています。
事業所 株式会社トイント
関連ページ